今日中キャッシングは他社の借り入れ状況も注意する

今日中キャッシングを利用するために申し込む時は、別の会社からお金を借りているか確認されますので、借りている件数がかなり多いと審査に落ちてしまうかもしれません。

 

これから説明することは、参考くらいだと思ってください。別の会社から借りていない、1件借りている状態だと、収入が安定していることが認められれば、ほぼ融資を受けることができるでしょう。キャッシングを今日中に借りて何に使うかによっては、審査に通らないこともあるでしょう。

 

別の会社から2件借りていると、借りている金額が年収の30%を目安にして達していると審査に通りにくくなってくるでしょう。普通は収入が安定していると認められれば、融資を受けられるでしょう。

 

別の会社から3件を超えて借りていると、件数が規制されているので、もう借りることができません。借りている金額が年収の30%を目安にして達していると、たぶん審査に通らなくなると思います。

 

ですので、借りられる会社の数は大体3件が限度になっています。

 

改正貸金業規正法(改正貸金業法・多重債務者対策について:金融庁)で、お金を貸す会社がお金を貸しすぎないように規制するための総量規制と呼ばれる規制があるので、消費者金融のキャッシングは、年収のうちの一定の割合以上お金を貸すことは不可能です。利用する人も借りられる件数は3件までに決められています。年収が300万円の人がキャッシングを利用したい時に、大体の消費者金融で借りられるのは最高で100万円になりますし、2件以上は借りられないみたいです。ですが、審査の申し込みは可能です。

 

ですので、年収に合った件数、金額以上は借りないようにしないといけません。お金を返すのが非常に大事なので、即日でお金が必要だと入っても今日中キャッシングを申し込む時は良く計画しましょう。

 

借入の件数や金額が限度額いっぱい!それでも借りたい時は?

今日中キャッシングを希望する場合であっても、キャッシング審査の際にチェックされる項目の1つに「他社からの借り入れ」があります。

  • 他社からの借入件数
  • 他社からの借入金額

この2点は審査で外すことのできない重要な項目であり、インターネットから今日中キャッシングの申し込みをする際にも入力は必須ですし、また正確な情報を申告することが求められています。

 

またはじめてキャッシングを利用するならバレないだろうと、借り入れの件数や金額を少なく入力しても、当然のことながら審査ですぐにバレてしまう上に、嘘をつくことで信用を大きく損ねてしまうため正直に正確に入力することが大事です。

 

借入の件数と金額が限度に達している!どうしたらイイ?

既に他社で借り入れをしている状況でも、新たにキャッシングが必要になってしまうこともありますよね。

 

キャッシングには制限された利用件数や総量規制による借入総額の上限があるため、もうこれ以上今日中キャッシングどころか普通にお金借りることもムリということもあるでしょう。

 

そんな時、どうしたら良いのでしょうか?
必ずしも希望通りになるとは言えませんが、どうしてもお金が必要という時には以下のような方法もあるんです。

  • おまとめローンを利用してみる
  • 銀行カードローンに申し込みしてみる

以下でこの2つのことについてもう少しだけ触れてみることにしましょう。

 

おまとめローンを利用してみる

おまとめローンとは文字通りに複数ある借金を1つにまとめることができるというローンのことです。
そのメリットにはこのようなことがあります。

  • 返済日を1カ月1回にすることができる
  • 借金を1つにまとめることで借入件数を1件にすることができる
  • 借金をまとめることで今よりも低金利になる可能性もある

おまとめローンにはこのように現在よりも有利に便利に借金を返済できるというメリットがあるため、バラバラに借りているよりも借金を1つにまとめた方がオトクと言えるんです。

 

借り入れの件数を1件にすることができれば、新たなキャッシングも可能になるかも知れません。ただし消費者金融から新規でキャッシングする場合には借入残高が年収の1/3に達していないことが必須となりますが。

 

銀行カードローンに申し込みしてみる

銀行カードローンから今日中キャッシングする場合であっても、消費者金融の利用に影響する総量規制は対象外となっているため収入の金額による借入限度額の制限はありません。

 

そのため、年収の1/3に値する金額を既に借りている場合であっても、銀行カードローンならばキャッシング可能になるかも知れません。

 

ただし銀行の審査は消費者金融以上に厳しく、他社借入がある状況では更に厳しい結果となる可能性はあると思います。

 

その場合には今日中キャッシングを諦める代わりに対処法として以下の方法を実践するしかないかも知れません。

  • 短期アルバイトでお金を稼ぐ
  • ブランド商品や本・DVD・ゲームなどを売ってお金を作る
  • 親にお金借りる
  • 会社から給料を前借りする

このような方法で金欠のピンチを何とか乗り切るしかないでしょうね。