今日中キャッシングの審査に通るか通らないか

今すぐキャッシングが必要な時の審査に通る為には、自分の状況を良く把握してキャッシング会社を慎重に選ぶ必要があります。また、申請内容は嘘を付かないで正直に記載しましょう。
嘘を書いても、信用情報機関で照会すれば直ぐに嘘だと分かります。
一度でもキャッシングやローンを利用した事がある人の個人情報や利用履歴は、信用情報機関に登録されているのです。

 

即日融資も可能なおすすめキャッシング!!

わかりやすい3秒診断が人気!!

 

しかし、銀行・クレジット会社・信販会社は消費者金融が利用している信用情報機関とは別の信用情報機関を利用している事が多いので、必要以上の申告は審査に通らない原因になります。

 

審査に通らない原因は借入件数だったりする

審査に通らない原因で最も多いのが、他社でのキャッシング借入れ件数が許容件数を超えている場合です。
過去のキャッシングで返済を遅延したり、債務整理や自己破産した経歴があると必ず審査で落とされます。勤続年数が最低ラインに満たない場合や住居確認が取れない場合もNGです。

 

1カ月以内に3社以上の消費者金融機関から借入を行っていたり、嘘を付いて高額な年収を記入した場合も審査に通りません。

 

本人確認の為、自宅に電話をした際に電話が止められている状況だと電話料金を滞納していると見られ、今日中だけでなく、単に審査に通りませんので気を付けましょう。

 

ブラックだけでなくホワイトでも審査で不利に

今日中キャッシングだけでなく単に審査に通らない理由と言えば、ブラックであることがまず挙げられます。

 

1ヶ月に3カ所以上のキャッシングに申し込みすることでは「申込みブラック」と呼ばれる状態になりますし、債務整理をしてから少なくても5年以上経っていない場合にもブラックの状況は続いているのです。

 

審査に通らない理由にはこのようなブラックが大きな要因となっていることが多いですが、その他にも「ホワイト」という状態になっている場合でも審査が通りにくい傾向にあります。

 

ホワイトとは文字通りに真っ白な状態であり、個人信用情報機関での記録、いわゆる「クレジットヒストリー」が全くない場合を言うのです。

 

ホワイトが審査に通りにくいワケとは?

ホワイトは別に「スーパーホワイト」とも言われるケースもありますが、金融機関が個人信用情報機関にその人の信用情報を照会した場合に、全く情報を得られないことを意味します。

 

これは今までに一度も借金をしなかったという証拠になるため、利用者側からすると有利に働くと思われがちですが、金融機関からすると逆の作用となる場合が多いようです。

  • 今まで何のローンも利用できなかったのには何か原因がある
  • 債務整理から5年〜10年経っている人の可能性アリ
  • 過去に返済の延滞をした可能性がある

 

債務整理や返済の延滞をしている内はキャッシングやカードローンの利用はもちろん、クレジットカードの利用も難しくなり、利用が不可となっている間は信用情報機関での記録もゼロとなります。

 

しかし債務整理や返済の延滞は一定の時間が過ぎると記録から消えることになるため、それ以降の記録は何もない状態となるのです。

 

例え単に「借金はしない主義」を貫き通して来たことが原因でクレジットヒストリーがない場合であっても、金融機関では信用情報の照会ができないため、このようなことを疑われてしまう可能性が高くなります。

 

ホワイトが審査に通るためのおすすめは?

ホワイトであることが原因でカードローンやキャッシング審査に通らない人が今のまま何もしないのであれば、状況はずっと変わらない可能性があります。

 

また通常30歳以上になれば、自動車ローン・クレジットカードの利用・スマートフォンの分割払いなど、何らかのローンを利用しているものですが、何も利用の履歴がないと何らかの原因アリと誤解されかねません。

 

このような事態を防ぎ、クレジットヒストリーを付けるため、いくつかおすすめできることがあります。

  • スマートフォンを新しい物に買換え、支払いを分割払いにする
  • クレジットカードで買い物をする

分割払いであってもクレジットヒストリーを作ることは可能ですし、クレジットカードの利用についてはキャッシング枠を付けなければ20歳以上で安定した収入がある人なら、クレジットカードを持てる可能性もあるようです。