学生・女性編が今すぐ今日のうちにキャッシングを摺る場合

キャッシングには、学生専用の学生ローンがあります。

 

通常、キャッシングは満20歳以上でなければ利用出来ませんが、学生ローンなら未成年であっても今日中キャッシングを利用する事が出来ます。
特徴としては、審査の手続きが簡単で金利が低く、限度額が一般の今日中キャッシングよりも低く設定されています。
学生ローンの申し込みには、学生証と身分証明書(免許証、保険証、パスポートなど)が必要です。

 

未成年の学生キャッシングには難しい現実アリ

一部の学生ローンでは、一般の金融機関では利用不可となっている未成年の学生でもキャッシング可能となる場合もあります。

 

ただしそれには親の承諾が絶対に必要となり、親の承諾なくしてキャッシングすることは不可能と言えるでしょう。

 

法律では親の同意がない契約は禁止されていて、内緒のキャッシングが親に知れた場合には、親が契約の取り消しをすることができるため、その場合には利用の金融機関にも影響が及ぶこととなるんです。

 

そのため学生専用のローンであっても未成年である場合にはお金借りれないことが殆どとなっているというワケです。

 

 

レディースローンの便利な点

また、女性専用のレディースローンという商品もあります。
こちらは、店頭での申し込みや電話などは女性スタッフが対応していますので、女性にとっては嬉しいですよね。また、プライバシーや連絡なども状況に応じて配慮してくれます。
家族に知られたくない時や今日中のキャッシングの時にはこちらを利用するのが便利です。

 

融資額も1〜50万で金利も低く設定されていますので、初めてキャッシングをする女性でも安心してご利用頂けます。
50万円以上の高額の融資を受ける場合は、一般的なキャッシングを利用した方が良いでしょう。

 

レディースローンはどこで利用できるの?

レディースローンを利用する場合には通常のカードローンやキャッシングと比べて便利な点があるため、利用している女性も多いことでしょうね。

 

レディースローンはどこで利用できるかと言えば、このような所が有名で人気のあるサービスとなっています。

  • プロミス(プロミスレディース:1万円〜500万円)
  • アイフル(SuLaLi:最大10万円)
  • レイク(レディースレイク:1万円〜500万円)
  • ノーローン(女性のためのノーローン:1万円〜300万円)
  • 楽天銀行(専業主婦専用ローン:最大50万円まで)
  • みずほ銀行(MyWing:10万円〜100万円)
  • ベルーナノーティス:1万円〜100万円
  • エレガンス:1万円〜50万円

 

このように銀行や大手の消費者金融、また街金にも女性専用のローンがあるんです。

 

限度額については通常のローンよりも少なくなっている場合があれば、通常と同様である場合もあり、それぞれのサービスによりマチマチと言うことができるでしょう。

 

ただし、審査の通り安さや金利については女性専用ローンであるからと言って特別な待遇となることはなく、その点では通常のローンと同様であると考えておいてください。

 

専業主婦の利用には注意を!

専業主婦がレディースローンで今日中キャッシングを利用したい場合にも、残念ながら法律による制限があり、「どのローンでも利用可能」とはならないのです。

 

これは今日中にお金借りたい場合だけでなく、通常のキャッシングにも言えることですが、専業主婦に限らず個人の誰もが消費者金融でお金借りる場合には「総量規制」という法律が関係してきます。

 

総量規制とは個人の貸金業サービスからの借入総額を年収の1/3以内に留めるという法律であり、対象に入っていない銀行以外の借入の際には影響してくることになるのです。

 

そのため収入のない専業主婦の人は、消費者金融では今日中のキャッシングどころかお金を借りること自体難しくなっていて、唯一銀行からなら借入可能と言えるのです。

 

学生さんが友人などに借りた場合

大学生の時に友達にお金を貸したことがあります。「今日中にどうしてもお金が必要だから貸して!」と言われ、信頼していたものの・・・

 

今日中にどうしてもお金が必要だから貸して!」

 

結局何度か同じように返済の延長を申し出てきたので、全額返済が終了したのは、貸してから8か月経ったころでした。その時には貸したお金が戻って来ない危険も感じました。さらに先程も言ったように友人の態度に腹が立ったこともあったので、全額を返してもらった時、もう二度と貸したくないと思ったのです。8カ月は余りにも長かったですし…。

 

それでも結局はまた友人から借金の申し出があると、戸惑いながらも貸してしまっています。どこかで私は友人の銀行なのかも…と思う気持ちもありますが、これからもそんなことが続いて行くのだろうなと思っています。今は友人に対し必ず返してくれるという信頼もありますが、この先どうなっていくのか不安は大きいです。